ビジネストリップ最新事情

ビジネストリップで海外や国内航空券をスムーズにとりたい方にご利用いただいているサイトです。 - 最新テクノロジーを駆使した未来型水族館【仙台うみの杜水族館】で三陸の魚と触れ合おう

最新テクノロジーを駆使した未来型水族館【仙台うみの杜水族館】で三陸の魚と触れ合おう

仙台にある「仙台うみの杜水族館」は、水環境について考えるだけでなく、生き物を通じて絆というものについて考え、未来に向かって力強く羽ばたいていく東北の様子を伝える施設でもあります。

スタイリッシュで都会的な印象を持つこの水族館には、約100基の水槽があり多種多様な水の生き物が生息しています。フロア造りにも工夫が施され、角を曲がれば、全く違う世界が広がっています。元々、マリンピア松島水族館にいた魚達が、こちらに引越し新たな水槽で元気に暮らしています。

エントランスに入るとまず驚かされるのが巨大スクリーン。日本の海と人との関わりが映し出されています。次に出るのが、東北の海を中心とした日本の海。天井を見上げると、そこには垂直につるされたマボヤがびっしり。

太陽光に照らされると朱色に輝くマボヤが美しく、周囲を泳ぐ魚達との幻想的なコラボの世界を楽しむことができます。次にあるのが三陸の巨大な大水槽。三陸の漁場といえば寒流と暖流がぶつかる潮目であり世界屈指の漁獲量を誇る海。

そんな海そのものが目の前に広がりホシエイやマダ、ホウボウなど、三陸で暮らす魚達の姿を観ることができます。また木の壁が美しい「海藻のうみ」では、シマゾイやフサギンボなどが冷たい水槽と温かい水槽の中でそれぞれ過ごしており、潮目を持つ、この海ならではの世界観を表現しています。

また養殖業が盛んな三陸ならではの内湾のコーナーでは、カキの養殖の様子を観察することができます。深海のコーナーでは東北の深海生物オオグソクムシなどなかなか見ることのできない貴重な生き物を観察することができます。

子供達に人気なのが、うみの杜ビーチ。ここでは生き物に直接触れることができます。磯場にいるクロナマコやコブヒトデなどが生息し、直接触れてじっくりと生態観察をすることができます。2階は、オセアニアやヨーロッパなどの世界の海の膵水槽あります。魚だけでなく、ペンギンやアザラシなどの愛くるしい姿にも出会うことができます。

ここには最新テクロノジーを駆使した360°大パノラマプロジェクトマッピングがあります。音、映像、光が織りなす幻想的な世界でザトウクジラなどが泳ぐ、夢の世界を体感できる人気コーナーです。イルカやアシカのショーもありますし、ペンギンやオタリと触れ合うコーナーもあり、魅力一杯の水族館です。

関連記事