ピーチが欠航したら払い戻しはあるの?

格安航空会社では、他の便よりもカツカツなスケジュールを取っていることもあり欠航の可能性は無視できません。

欠航自体は仕方ありませんが、もしもそうなった時どんな対応がされるのかを知っておけば、安心して次の行動に移れるでしょう。

払い戻しと三種類のタイプについて

払い戻されるか否かについては、主に三種類のキャンセル・欠航理由がありそこから対応が決定されます。一番気をつけなければならないのが、お客様都合によって取り消しする場合です。

この場合は払い戻しなどは行われません。ただし、出発1時間前までの取り消しに限りピーチポイントで付与されます。見ておかなければならないのが、会社都合による欠航や遅延あるいは天候悪化による欠航です。

この二つの理由に関しては、いずれも払い戻しあるいは他の便への振替を選択できます。二つの条件に差異はありませんが、払い戻しの場合は条件が設けられているため期限に注意しましょう。また、宿泊施設への補償などは行われないので、自分で調整しなければなりません。

払い戻しや他便への変更はどうすればいいのか

まず払い戻しから見ていくと、10日以内の手続きが必要となります。それ以降はせっかくの払い戻し補償を受け付けてもらえなくなるので、忘れないうちに済ませてしまいましょう。

払い戻しの場合、方法はクレジットカードやインターネットバンキング、ピーチポイントへの交換などがあります。今後自分が使いやすいタイプに合わせて選ぶことで、少しでも無駄にしないよう選択しましょう。

便の変更に関しては、こちらも同様に10日以内の便へ変更することができます。注意点として、ここで変更できるのはあくまでピーチ航空の便のみとなります。路線変更は可能ですが、航空会社の変更はできないので全ての航空会社から乗り換え先を選ぶわけではありません。

何が起きてもいいように余裕を持って

いずれにせよ、本来搭乗するはずだった飛行機に乗れなくなることで予定が大きく狂うことは考えられます。

そうなった時いかに対応するか、なるべく余裕を持って行動するように心がけましょう。そのためには、予め払い戻しなどの条件を知ることも大切なのです。

ピーチ 購入

関連記事

フライト中の暇つぶしと過ごし方TOP